子供から高齢者まで総合的な医療を提供しております。

小児用肺炎球菌

  • HOME »
  • 小児用肺炎球菌

小児用肺炎球菌ワクチン

生後2か月から接種できます。

接種方法

初回免疫

接種開始年齢は生後2か月以上、7か月未満です。

27日以上の間隔をあけて3回接種します。

3回目接種については生後12か月未満までに完了する必要があります。

追加免疫

生後12ヵ月以降に1回接種します。

初回免疫の3回目から60日以上の間隔をおく必要があります。

標準的な期間に接種できなかった場合

  • 7か月以上12か月未満

   初回免疫:27日間以上の間隔で2回接種

   追加免疫:初回免疫の2回目接種後60日以上の間隔で1回接種

  • 1歳以上2歳未満:60日以上の間隔をあけて2回接種
  • 2歳以上6歳未満:1回接種

副反応

接種部位の紅斑、腫脹、発熱などがあります。

重大な副反応として、ショック(頻度不明)、アナフィラキシー(頻度不明)、けいれん(頻度不明)、血小板減少性紫斑病(頻度不明)などがありますが極めてまれです。

肺炎球菌

肺炎球菌は肺炎、気管支炎、中耳炎などをおこしますが、子供の細菌性髄膜炎、菌血症の原因菌としても知られています。

細菌性髄膜炎を発症するとてんかんや精神発達遅延などの後遺症を残したり、命に係わる場合もあります。

生後3か月から5歳くらいでは重症化することも多い感染症です。

PAGETOP
Copyright © 喜望会 海老名中央医院 All Rights Reserved.