海老名市国分南にある内科のクリニックです。地域のかかりつけ医として総合的医療に取り組んでいます。

上部消化管内視鏡検査

  • HOME »
  • 上部消化管内視鏡検査

オリンパスの最新の内視鏡を導入しました

内視鏡が細くなり検査の負担が軽くなりました。

経鼻(鼻から内視鏡を挿入する方法)での検査も可能です。

上部消化管内視鏡検査

口または鼻から内視鏡を挿入して、食道、胃、十二指腸を直接観察する検査です。X線検査と比べて小さな病変の発見に優れています。また、病変より組織を一部採取して病理検査を行ったり(生検)、出血部位を治療したり、病変を切除したりすることもあります。

この内視鏡の特徴

内視鏡の径が細くなった上、早期がんの発見に貢献するNBI(狭帯域光観察)という技術が搭載されております。

がんの病変の近くの粘膜には多くの血管が集まっています。粘膜内の血管などをより鮮明に観察しやすくするために、血液中のヘモグロビンが吸収しやすい特殊な光を照らし画面に表示するのが、NBI(狭帯域光観察)です。
NBIではがんの早期病変の観察において有用です。また、これまで色素を散布して血管や粘膜の観察をしておりましたが、NBIにより身体的な負担が軽減されます。

 

PAGETOP
Copyright © 喜望会 海老名中央医院 All Rights Reserved.