子供から高齢者まで総合的な医療を提供しております。

呼気NO検査(FeNO)

  • HOME »
  • 呼気NO検査(FeNO)

呼気NO検査

喘息の診断、治療の判定に重要です。

呼気中のNO(一酸化窒素)濃度を測定します。

画面を見ながら息を吹き込むだけの簡便な検査です。

気管支喘息

気道の慢性炎症を本態とし、変動性を持った気道狭窄(喘鳴、呼吸困難)や咳などの臨床症状で特徴付けられる疾患である。

(喘息予防・管理ガイドライン2018より)

喘息の管理目標

Ⅰ.症状のコントロール

(発作や喘息症状がない状態を保つ)

①気道炎症を制御する

可能な限りFeNO測定や喀痰好酸球検査で気道炎症を評価する。

②正常な呼吸機能を保つ

Ⅱ.将来のリスク回避

①呼吸機能の経年低下を抑制する

②喘息死を回避する

③治療薬の副作用発現を回避する

(喘息予防・管理ガイドライン2018より)

呼気NO検査

喘息患者において呼気一酸化窒素(FeNO)は、喀痰好酸球数、気管支生検における好酸球浸潤の程度と相関することから、好酸球性気道炎症の評価法として用いられます。

(喘息予防・管理ガイドライン2018より)

 

お問い合わせはこちら TEL 046-231-4776 診療時間 9:00~12:00(月曜から土曜)
      14:30~17:30(月、火、水、金)
受付時間:診察終了の30分前まで

PAGETOP
Copyright © 喜望会 海老名中央医院 All Rights Reserved.